あらゆる事態を想定した
厳しい運用基準と高い操作技術。
マルチコプターラボと、
マルチコプターワークが
次世代のマルチコプターソリューションを
解決します。

マルチコプターラボは、実際の現場で活用できるドローン(マルチコプター)の研究開発にいち早く着手したプロ集団。高性能の機体開発と熟練の操作技術で、あらゆる分野でのより有効な活用法を提案しています。

名古屋・岐阜を中心とした、愛知県・三重県・岐阜県の東海地区はもちろん、全国への対応も行っております。

各部門のエキスパート

経験豊富なパイロット

用途に応じた機体開発技術

多言語顧問サポート​サービス

機体の開発・製作、操縦技術、撮影技術。いずれかひとつが欠けても、ドローン(マルチコプター)の安全で正確な運用は不可能です。当社では、長年に渡りラジコンヘリの研究開発に携わってきた各部門のエキスパートが三位一体となった事業体制を確立しています。

特に重要なのが機体の操縦。ドローン(マルチコプター)を正確に作動させるには、自動操縦に頼らず機体を自在に操る技術が必要です。当社のパイロットは、全員が熟練した技を持つプロフェッショナル。
ラジコンヘリの仕組みや機能を熟知した上で確かな操縦技術を発揮し、どんな状況にも対処します。

当社が運用する機体は、すべて自社製です。ラジコンヘリに精通した技術者がパーツから厳選し、高性能かつ安定した機体を製作します。用途に応じオーダーメイドの機体開発・製作も可能。これまで近づけなかった場所、撮れなかった映像へのズームを可能にします。

マルチコプターラボを先駆けとして、ドローン安全規制を守りながら他国のドローン使用者、企業に日本でドローンを飛ばせるように顧問サービスを提供します。多語言規制説明から実技確認するまで、個人撮影から大型制作まで、書類作成サポートから国土安全省に応じる機体と人材提供まで、常に安全を前提として全般的に支援します。

免許・保険について

当社では、ドローン(マルチコプター)の運用にあたり「第三級陸上特殊無線技士」資格を持つ現場監督が必ず立ち会います。また機体はすべて業務用保険(対人・対物)に加入しており、万一の事故の際も適切に対処できます。